あっちこっち散歩

趣味の散歩の記録を留めておきたい、あと忘れがちなあれこれ。 ま、やっぱ日記ですわ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤い電車に乗って 

2010年1月31日(日)

私がこよなく愛する京急が発売している みさきまぐろきっぷ というのを
ご存知でしょうか? ま、HPみてもあまり詳しくは書かれていませんが

京急往復割引切符&京急バス指定区間フリー乗車券&まぐろメニュー食券&レジャー施設利用券
がセットになった 大変お得な切符なんですよ
川崎辺りからだと2980円 元は充分取れると思いますよ~


我が家が最初に向かったのは 三浦海岸駅
100130002.jpg
100130005.jpg
駅前には 早咲きの河津桜かな?も ちらほらと咲いています


この切符を使って食事できるお店は12店舗
その中で我が家に選ばれたのは 廻転寿司 海鮮さん
やっぱり握りが食べたいねと 夫婦の意見が一致したのです
100130004.jpg
手前からまぐろの大トロ、中トロ、ビントロ、赤身、胃、ゼラチン
奥は地魚 いわし、さば、さわらだそう
発泡酒orソフトドリンクも1杯付きます

マグロは勿論 地魚がなかなか良かった
もっとも、スシローで大満足の私のこと、アテにしないでね


100130007.jpg
さて、1駅更に電車に乗って三崎口へ 京急久里浜線の終着駅です 
この辺り 車窓を流れる景色はのどかそのもの、近くなのに旅行気分を味わえます

ここからさらにバスに乗り 城ヶ島へ
100130012.jpg
灯台の脇をすり抜けちょっと下ると

城ヶ島京急ホテル
100130017.jpg
こちらで お風呂に浸かります
天気のいい日はお風呂につかりながら富士山も眺められるんだとか
私は気が付かなかったけどね

フェイスタオル1枚貸してくれますよ 手ぶらでOKなのは嬉しいね~
ただ コンディショナーが無かったのが残念

風呂上がりには 2階の無料休憩所でまったり
100130016.jpg
こんな景色を眺めながら あるいは本読みながらビール♪
寝てる方も沢山いらっしゃいましたが まぁ、ちょっと部屋が狭いかな?

城ヶ島灯台入り口で オイシソ~な香りに誘われて
焼きはまとさざえを 
100130019.jpg
お茶とたくあんのサービスで ほっこりです

最後は三崎港の うらりに立ち寄って買い食い
まぐろのコロッケ 100円~
100130022.jpg
マグロはかすかに感じる程度、つーか ツナ入りコロッケ?

お土産に 大好きなあおさと
100130025.jpg
まぐろの唐揚げ買って
100130026.jpg
以上で 三崎の旅は終了

なかなか 満足度の高い小旅行となりました
でもね、行くんなら平日がお勧め それなりにまったり出来たんだけど
お風呂は混んでるし バスはぎゅう詰め、帰りの三崎口駅行きなんて
のりきれない人が次のバスを待つはめになっていましたよ

まぐろキップ効果なんでしょうけど
地元の方がちょっと気の毒、観光地はいずこも同じでしょうけどね~


人気ブログランキングへ パソコン壊れたみたい、2,3行打つたびに保存しとかないと全部消えちゃうのよ~
             この現象を 電気屋さんで説明するのが苦手… 


スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
from 2010-05-06
プロフィール

あっちこっち

Author:あっちこっち
横浜生まれ 横浜育ち
現在 川崎市川崎区在住の
子無し 中年主婦です
よくわからない町 川崎の探検が
散歩と言う 趣味になりました。

FC2ブログランキング
ポチっとな
人気ブログランキング                        に参加しています
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中
blogram投票ボタン
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
全記事表示リンク
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリック不要のランキング
Booklog
ブクログ登録してみました
備忘録ね♪
ブログ内検索
お勧め
素敵なお店
茶道具買取・古美術やかた さん
骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた
いつか伺いたいです♪
リンク
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。